紙袋のリメイクの仕方

買い物をすると、どんどん溜まってしまう紙袋は処分に困ったりする時があります。


可愛い模様だったり、ブランドの袋だといつか使えるのではないかと思い大事にしまい込んで、たんすの肥やし状態になっているご家庭がほとんどです。袋の特性を活かしてリサイクルをして有効活用をすると、紙袋を減らすことができます。

取っ手がついているオシャレな袋や思い出の袋は、お花などを入れて壁に飾るとオシャレアイテムになり、お部屋が華やかになります。丈夫な取っ手の袋ならタオルや小物など入れて壁掛け収納として使うことができます。小さめの紙袋は、ブックカバーにして他の人が持っていない自分だけのオリジナルのカバーを作ることができます。
作り方も簡単で、袋を平面に広げて、気に入った模様を表紙にして折るだけです。

折り目は残りますが、紙の特性をわざと見せるのもオシャレです。


ダンボールや箱などに袋を貼り付けると収納ボックスになります。洋服を入れたり、小物を整理したり、書類などを整理したり、アイデア次第で色々収納することができます。



作り方は、好きな大きさのダンボールや箱に袋を貼るだけです。洋服などを入れる収納ボックスは、取っ手を活かして取っ手を付けたまま貼ると簡単に引き出す事ができます。縦長の箱に袋を貼るとオシャレなゴミ箱になります。

自分の好きな大きさの箱が作ることができ、壊れたら新しく作ることもできるので、収納ボックスなどわざわざ買う必要がなくなります。
取っ手の付いてない小さめの紙袋は、通気性がいいので野菜を入れて保存することもでき、冷蔵庫にも入れる事ができます。



紙袋の使い方は、アイデア次第で様々な使い方ができるので便利です。

T-SITEに関する耳より情報です。